HOME | 会社概要 | 各種サービス | 紀州特産品 | 地域のお店 | 地元・地域情報

[HOME] > [各種サービス] > [その他] > 盗聴・盗撮発見

  アウトライン
  本ページは草稿中のため、まだお見苦しい点がございます。

盗聴・盗撮発見

盗聴・盗撮、もはや他人事ではありません。あなたの周りで誰かがじっと聴いている。見ているかも知れないのです。

盗聴・盗撮

あなたのプライベートは狙われています。
「盗聴・盗撮」なんて遠い世界のことと思っていませんか?
それは他人の生活を覗き見する卑劣な行為です。
「自分にはそんなことは無縁だ」「TVだけの話だ」世の中のほとんどの人がそう思っています。
実際に身の回りから盗聴器が発見された人のほとんどが、「まさか自分に…」という気持ちを隠しきれないのも事実です。
現在社会ではあなたのプライベートな情報はどんどん漏れ出していると思っても過言ではありません。
「知っているはずのない」ことを知っている人がいたなど、ほんの少しでも思い当たることがあったなど、あなたの部屋はすでに盗聴器が仕掛けれれているかもしれません。

現在社会ではあなたのプライベートな情報はどんどん漏れ出していると思っても過言ではありません。「知っているはずのない」ことを知っている人がいたなど、ほんの少しでも思い当たることがあったなら、あなたの部屋はすでに盗聴器が仕掛けられているかも知れません。

現在の盗聴機器の販売台数は、年間40万台を超えるそうです。その市場規模は10億とも15億ともいわれ、1つの業界団体ができあがっています。

一方、盗聴機器については、販売実績の正確なデーターは公表されていませんが、ビデオ、書籍、ホームページを見る限りでは盗聴機器よりもはるかにニーズが高いと思われます。実際、盗聴器で会話を盗み聞きするよりも、映像で盗み見るほうが、人間の心理として好奇心や興奮をかきたてられるのを考えると明白な事実であると思います。

盗聴、盗撮機材は、秋葉原、日本橋などの電気街や最近では大手ディスカウントショップなでで、情報機器や送信機とした名前で売られています。また、どんな人が購入していくのか調べた結果、「昔は探偵や與信所の調査会社の人が多かったが、今では若い学生からお年寄りまで年齢を問わず普通の人が購入」しているとのことでした。現在の日本では盗聴、盗撮機器を持つことは何ら罪には問われず、法的な規制がないため野放しの状態になっています。もはや盗聴盗撮は他人事ではありません。

盗聴、盗撮波がここにきて急増しているといいます。ちょっと大げさにいえば、「盗聴、盗撮」が、いつ自分の身にふりかかってきてもおかしくない世の中になったということ。勿論、盗聴、盗撮」されたら大変です。プライバシーなんてあったもんじゃありません。ま、こんな世の中だからこそ、自分の身は自分で守らなければいけないわけですが、盗聴、盗撮器が仕掛けられているかどうかは、自分ではなかなか分かりません。というのも、盗聴、盗撮器のほとんどが、バレにくいように、こっそり設置されているから。ゆえに「盗聴、盗撮器が仕掛けられているかもしれない」と、不安になるのです。困った世の中です。中には、過剰なまでに「盗聴、盗撮されている」という確かな根拠がないケースがほとんど。と考えると「盗聴、盗撮波が増えている!]と不安をあおるばかりでなく盗聴、盗撮について正しい知識も伝えなくてはいけないな、と責任を感じます。確かに、正しい知識があれば。盗聴、盗撮を未然に防ぐことができます。仮に仕掛けられたとしても、それに対処することができるでしょう。

盗聴器・盗撮カメラが使われる主な要因
○個人の場合 ・夫婦間、恋人間の浮気調査・遺産相続 ・金銭トラブル ・ストーカー ・性的興味 ・賃貸マンションなどで前の入居者が仕掛けた 最近では子供の素行調査やいじめ問題などに使用されるケースも増えています。

○企業の場合・新商品の開発情報 ・顧客管理 ・取引情報・株主総会対策 ・雇用者監視 ・派閥問題以前は産業スパイなどのプロの手を介することがほとんどでしたが、現在では内部社員によって仕掛けられうことも。

○その他のケース・政治問題(選挙、汚職がらみ) ・宗教関係・暴力団関係 ・空き巣、泥棒などの情報収集ホテルのVIPルームに仕掛けられているケースもあります。

○性的興味から・女子トイレ ・女子更衣室 ・女風呂カメラ付携帯電話の普及により、ちょっとした気持ちから女性のスカートの中を撮るといった行為からエスカレートしていきます。

○金銭目的女性タレントを狙った盗撮は一部メデイアで大きく取り上げられたこともあり、一般の方の目に触れる機会も多く多くありますが、なにも有名な人だけがその対象とされるわけではありません。一般女性のおいても肌を露出する場面や性行為などが狙われ、アダルトショップやインターネットのアダルトサイトで高値で取引されています。そのため、不特定多数が出入りするトイレや温泉、果ては社内の更衣室にまで仕掛けることもあります。

○その他のケース・監視目的 ・貴重品ボックスなどを狙った窃盗目的盗聴よりも得られる情報が多いため、技術の発達・手口の巧妙により今後盗撮件数は急激に増加していくと思われます。

盗聴・盗撮事件の実態
盗聴や盗撮の行為をうけているかどうかは、盗聴器や盗撮カメラが発見されない限り、「もしかして…」と気づいた時には、手遅れで秘密やプライバシーが表面化した時に初めて気づくことになります。 ほとんどの人は、盗聴や盗撮の行為を受けているかどうか気づきません。ただし、一度でも被害にあったことを知ると、今度は被害妄想的に神経質になる方が多いようです。 普段から盗聴器や盗撮カメラの存在を意識し誰でも自由に買え、間単に取付けられることが分かっていれば、当たり前の世界と認められることでしょう。

盗聴・盗撮をされているのでは?
盗聴・盗撮なんて自分たちには関係ないと思われている方は、
大勢いると思いますが、それは大きな間違いです。
これだけ簡単に機械が入手できるようになった今、私たちの周りには、
常にそういった危険にさらされているといえます。
下記の事で思い当たる事がありますか?

・最近引越してきた。
・照明器具は前から取り付けられていた
・複数の人が、合鍵を持っている
・鍵を引越し時のまま変えていない
・電話中や、テレビを見ている時に、雑音や電波がみだれる
・間違い電話や、いたずら電話が頻繁にかかってくる{{BR}}・交友関係や金銭のトラブルを抱えている
・身近に知らない人や車をよく見掛けるようになった
・最近プレゼントをよくもらうようになった
・自分しかしらない事を、他人が知っている
・誰かに見られているような気がする
複数、心当たりのある方は、盗聴・盗撮されている可能性があります。最近では、このような事からストーカーに発展する場合もあり、大変危険です。少しでも、おかしいと感じたら、早急にご相談下さい。ケースによって、調査の捜索範囲や、方法など様々です。なるべく詳しく、相談員にお話下さい。当事務所では専門の機材、知識、経験を持って、あなたの安心を確保いたします。

盗聴盗撮調査依頼をする時の注意点
盗聴・盗撮
 調査依頼をする時の注意点 周囲の人への相談は最低限に止める。
まず、周りの人への相談は最小限に止める。
できたら、しない。
盗聴器を仕掛ける人はほとんどが身近の人々です。
ご夫婦間とか、親子、兄弟、恋人。ご近所、会社の同僚、部下、上司。
この人だけは信用できる、この人だけは盗聴をしないという人こそ要注意と言えます。
盗聴・盗撮機器を仕掛けたならば、疑われないように接するからです。
盗聴をしている人に相談をもし、したとしたら、「あほらし、止めときな」と、言われるのがおちです。
多くの場合、被害妄想など精神病扱いされます。
それでも、業者に調査依頼をしたとしたら調査前に盗聴器を外してしまいます。
そうするといくら探しても見つかりません。
そして、業者が帰ってからまた盗聴器を仕掛けるのです。
盗聴者にダメージを与え、再度の盗聴を防ぐ意味においても盗聴機器を取り上げないといけないのです。
最良は、独断で調査を決め、周囲に知られないように調査を済ませてしまう。これが、一番です。


調査業者への連絡方法そして、業者に相談をしたり依頼をする時の連絡方法ですが、盗聴盗撮をされている恐れの有る所からの連絡は、絶対にお止め下さい。外部の公衆電話、携帯でも御自分には関係の無い所からかけるようにして下さい。パソコンからのメールは比較的安全ですが、その盗聴者に内容を知られている様子だと、パソコンからのメールもお止め下さい。

盗聴・盗撮調査業務内容には下記の3の調査方法があります。
ヾ憤彡敢此
 市販盗聴器に対する調査 市販されている盗聴器は改造されて無い限り盗聴器ごとに周波数が決まっていてそ の周波数に合う電波が出てる出てないのをチェックする調査です。

∩瓦討療霙梓錙ε雹カメラの調査
 簡易調査に加え1〜2500MHzまでの広帯域にて、盗聴器、盗撮カメラの調査を行う 広帯域電界強度計で全室の電界をチェックする 全ての部屋の音源を確保し、VOX仕様の盗聴器の調査を行う 偽装品、プレゼント(贈答品)調査を行う 電化製品の電源をONにしてスイッチ連動式の盗聴器、盗撮カメラの調査を行う 電話回線を全て通話状態にし電話盗聴器の調査を行う

D蟯的に行う調査業務
カードのスキミングによる個人預金引き出し被害や企業の個人情報の流出など、盗聴・盗撮による情報漏洩からの被害が急増しています。今後一般消費者の資産を守 るため企業の情報漏洩防止策が急務になっています。流出してからでは遅いので、 予防のために日程を決めて長期間調査をします。

簡易調査は、一般に市販されている盗聴器に対して調査を致します。
所要時間は30分程頂きます。簡易調査料金は10500円を頂戴いたします。
盗聴器・盗撮カメラ設置場所特定または撤去料金は1器につき21000円
本調査は、集合住宅、マンション、アパート、一戸建てにより変わります。
本調査の調査時間は2〜3時間程頂きます。本調査料金は別途料金となります。

最終更新時間:2008年07月25日 13時11分58秒

メニュー


0195745

1096619

サイト内検索

Google

wwwnanki-life.jp
キーワード